• 中絶を東京のクリニックで行う際のリスクについて

    人にはそれぞれ事情があるので、せっかく妊娠しても、中絶手術を東京で受けなければならないこともあります。

    女性の体には非常に負担が大きいことなので、中絶手術を東京で決意したときは、お腹が大きくなる前に早めにクリニックに行くようにしましょう。


    中絶を東京で行う際は出来るだけ早い方がいいという理由は、胎児が成長するにつれ、リスクが高まっていくからです。

    妊娠から6週〜11週の初期の段階であっても、全身麻酔の手術により、アレルギーや体質などの問題で血圧が低下したり、呼吸が一時的に止まることがあるからです。



    初期の段階では、掻爬法で子宮内に器具を入れて?きだす、または吸引法で器具を使って吸引する、どちらかの方法で手術を行います。


    器具の扱いが下手な人に任せると、子宮内が傷つき、感染症を起こしたり、まれに子宮内壁に穴が開いてしまうので、中絶手術を東京で行うときは、実績のあるクリニックを選ぶことが大切です。



    子宮内の胎児の組織が全部取れずに、一部が残ってしまうことも起こりうるので、初期だから失敗はしないだろうとは思わないことが大切です。


    これが妊娠12週以降の中期の段階に入ると、さらにリスクが高まるので気を付けなければなりません。


    薬で人工的に陣痛を起こし、分娩と同じように胎児を取り出しますから、出入り口を大きく広げる処置を行わないと、子宮頚管を傷つけたり、子宮破裂を起こすケースがあります。
    多量の出血が起きる場合もあるので、確実な対処が出来るクリニックを選びましょう。